着ぐるみには様々なタイプがある?

着ぐるみには様々なタイプがある?

キャラクターデザイン力が求められる着ぐるみは、イベント時や地域のPR活動など幅広いシーンで取り入れられています。

着ぐるみにはこんな種類がある

▼一体型

足以外が繋がっている、頭と胴体(手足以外)が一体になっている、全身が繋がっているタイプの着ぐるみを一体型と呼び、怪獣やご当地キャラクターなどの着ぐるみに多く見られます。

▼2頭身

可愛らしいフォルムを演出でき、キャラクターとのイメージギャップが少ないタイプです。装着した時に、着ぐるみの頭部の入り口が人の腕の関節あたりにくるものは一般的に、このタイプに分類されます。腕の肘から先と足を動かして、可愛らしい動作・ポージングを行うことができます。着ぐるみの頭部を大きくすることができるため、可愛らしい雰囲気が魅力のマスコットキャラクターとの相性が良い形状といえます。

▼2.5頭身

近年主流になりつつある頭身で、可愛らしいイメージをほぼ損なうことなく、2頭身に比べて体の可動範囲が広いタイプです。一般的に、体の真横までの腕が可動でき、握手にも対応できます。

▼3頭身

2頭身や2.5頭身と比べて頭が小さく、体の可動域が広いのが3頭身の特徴です。可愛らしいイメージと動きやすさを両立したい時に最適な頭身です。歩行やハグの他に、握手や軽いダンスにも対応できます。顎紐を装着するなどマスクが顔から離れないようにすることで、肩の可動にも柔軟に対応できます。

着ぐるみプラスでは、一体型、2頭身、2.5頭身、3頭身の着ぐるみをメインに製作しております。この他に、使い勝手の良さから人気を集めているエアータイプの着ぐるみも対応いたします。

エアータイプの特徴とメリット

ファンで風船のように膨らませるため「バルーン着ぐるみ」とも呼ばれており、内部の空間が広く着用時に感じがちな圧迫感が少ないのが特徴です。熱がこもりにくく、着け心地が軽いなど、着用時の感覚は従来の着ぐるみとは大きく異なります。膨らむという性質上、従来の着ぐるみと比べるとスムーズな動作が難しいため、移動・動作はより慎重に行うことが大切です。

また、空気を抜いてしまえば小さく折りたたむことができるため、収納スペースをカットできて、イベント会場への移動の際にも楽に持ち運ぶことができます。運送コストの削減も望める、非常に画期的な着ぐるみなのです。

オリジナルキャラクターデザインの着ぐるみ製作依頼でしたら、着ぐるみプラスにお任せください。2頭身、2.5頭身、一体型はもちろん、エアー着ぐるみの製作も行っております。キャラクターデザイン力・専門知識・ノウハウを活かした丁寧な製作で、高品質で高性能な着ぐるみをご提供いたします。

価格や納期、製作のながれなど分からない点がありましたら、お気軽にお問い合わせください。お見積もりも算出いたします。

キャラクターデザインなら【着ぐるみプラス】概要

サイト名 着ぐるみプラス
所在地 〒550-0013 大阪市西区新町1-32-16 TOPビル4F
電話番号 06-6539-0240
FAX 06-6539-0241
URL http://www.kigurumi-plus.jp
説明 キャラクターデザインのことなら【着ぐるみプラス】にお任せください。着ぐるみは製作実績200件以上となり、高品質・高性能な着ぐるみを製作いたします。納期でお困りの方には特急サービスもご用意しており、アフターメンテナンスとしてクリーニングサービスもございますのでご安心ください。オリジナルキャラクターのぬいぐるみ製作は小ロットから対応可能ですので、価格や納期についてはお気軽にお問い合わせください。キャラクターデザインでは幅広い層に愛されるオリジナルキャラクターを作成し、ノベルティーとしてキャラクターグッズ製作をお考えの方に最適です。お見積もりも承っておりますので、是非ご相談ください。
会社名 株式会社サードアイ